地域の居場所づくり協働ワークショップ!

社協でご近所福祉の推進することにな1年と3か月。

これまでの行政区レベルの地区社協の活動に加えて、

その裾野の町内会との協働を図るアプローチを模索する

アクションプランとしてこの企画に取り組みました。


行政区レベルではなかなか区内にある自治会や町内会

との連携が難しくなってきており、その足掛かりとして集会所を

所有する自治会町内会13か所の会長さんへ直接足を運んで

この企画への参加をお願いしました。

「大事なことなので参加したい」「これ以上町内会で何に取り組

むと役員のなり手がいなくなる。私もくじ引きで引き受けただけ

なので、でも勉強のつもりで参加します」「話はわかるけど・・・。

町内会の脱退者が半分ぐらいでとてもじゃないけどこれ以上は

無理」などなどいろんなご意見を聞きながら事前の下準備をした

うえで取り組んだのですが・・・。


昨日の夜7時30から雨模様にもかかわらず10か所の町内会、

18人のみなさんに参加していただき、町内会の運営から災害時

の対応や福祉の取り組みなどを話し合ったり、ご近所福祉への

連携について意見をいただきました。社協だけじゃありません。

行政からは地域福祉課、市民参画課、秘書広報課、その他新聞

記者さんにもお越しいただきました。
さてさて、内容の方はというと、うちでつくったDVDを見ていただい

た後、私がご近所福祉(活動計画普及版)について15分ほど説明し、

グループワーク40分といったかんじでしたが、各グループすごい勢い

で会話が弾みます。私も進行役でグループディスカッションを回した

のですが、現状への悩みもあれば、カリスマ的な発言まであり、とかく

ありがちな行政や社協への要望は全くなく、かなり参加者の知恵が混

ざり混ざった話し合いになり、すごくいい勉強になりました。

私的にはすごくこれからのご近所福祉の可能性が見えた企画でした。

ご近所福祉、町内会単位の福祉活動、みなさんの気持ちを大切に行政

や専門職を含めて、オール向日市で頑張っていきます。

ご近所福祉のまち、向日市を目指して!

戦略戦略・・・。凄い企画が目白押しで頭が痛い・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック